読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪杯2017穴馬予想を考える

競馬予想

大阪杯がG1レースに昇格したことで毎週G1レースが続きます。この時期はドバイ遠征もあるので手薄になりやすくG1レースとしての価値は疑問。天皇賞春でも同じことが言えるわけですが、まあ宝塚記念への布石になればいいとJRAは考えているのかもしれません。

 

そういった手薄なレースになることから実績馬が勝ちやすいと思うので馬券的には穴馬を効率よく探すレースになるのだと思います。では、その穴馬はどの馬がふさわしいのかと言うと軸が決まっている時は一枚落ちる手合が多くカンタンにはいきません。

 

過去のレースから見ると1つの穴馬ポイントとして内枠からロスなくレースを運べる馬に注目する価値があると考えています。4つコーナーを回るので内外差が生まれやすいことや、あまりペースが速くはならないだろうという前提で見ていることもあり内で立ち回れる馬が有利と見ています。

 

 おそらく日本ダービーマカヒキが1番人気でしょう。そして、マカヒキの場合は下手に動けいない枠よりも外枠の方が無難。あまり直前が長くない内回りで大外を回すのはリスクがあるもののポテンシャルを信じれば外を回すはず。

 

こうして色々と見立てていくと大波乱はなさそうなレース。阪神競馬場の芝2000mという条件と枠順確定から恵まれる馬はどれかという視点で見て行きたいと思います。もうスローペースになれば着差はつかないですから自然と買い目が増えていくのは仕方がないですね。

 

エージェント集団4keiba.comをもっと便利にするために連携しています。既存メディアからは得られないパドック診断などの無料競馬情報を充実させていく予定。とにかく最低限の人員でやっているので進化のスピードはゆっくりせざるを得ないのですが良いものができる手応えは十分なので一度見てもらえるとうれしいです。

 

高松宮記念2017予想を考える

競馬予想

あいつぐ有力馬の脱落と前哨戦での混迷ぶりから相変わらずカオスな路線だなと感じるところ。高松宮記念2017オッズでさえ予想しづらいだけに本命と穴馬という概念では語り切れないレースになりそう。

 

過去の高松宮記念を見ると実力馬が好走しており配当も堅い決着が多い。いまの中京競馬場は坂があるため好走には地力が必要なのだろう。

 

こういった点から穴馬好走パターンを考えてみると軽視された実績馬という1つの構図は浮かんでくる。もともと好走できる能力はあったが近走は何らかの理由で期待を裏切ってきたような馬。

 

もう1つは底が見えない上り馬タイプ。今年でいえばオーシャンSを勝ったメラグラーナのような馬。人気するかもしれないが買っておいた方がいいタイプには違いない。

 

ここまで混戦が予想されると返って穴パターンから見ていく方が好走馬は見つけやすいのかもしれない。いまの実績馬は星を分け合うように競走成績が分散しているのでスパッと決まりにくい。

 

あまりに馬場がいいとスプリンターズSのように着差は少なくなる傾向がある。0.1秒差に何頭も入るようなレースでは狙いうちは厳しいので軸馬が決まれば範囲買いが無難だろう。

 

とにかくオッズに関わらず信頼できる好走馬を見つけるのが先になる。そこが決まらないとムダに買い目が増えてしまうので人気関係なく実力を判断していきたい。

 

先週の競馬からエージェント率いる4keiba.comを中心として情報を届けるシステムを稼働させている。競馬で勝ちたい人を色々な面でサポートしていくことが中心になるだろう。

 

先週だけで同着による払い戻しが2回もあったように手を広げざるを得ない状況が続いている。どの馬にもチャンスがあるという状況なので固定した馬券戦術を取り入れにくい。

 

フランケル産駒ソウルスターリングの活躍を見ると社台生産馬の限界が見えてきた気がする。

 

社台グループが掲げるベストトゥベストの配合理論は、強い馬を生産するというよりも安定した品質を生み出す手法により近い。

 

しかし、それだけではサンデーサイレンスが築いたリソースを上手く使えているとは言えるのだろうか。まだまだサンデー系一本でやっていく気マンマンだが補強するプラスアルファが足りていない気がする。

 

いまや競馬のレベルは、目立ったライバルがいない社台の生産力によるところが大きくなってしまった。社台が不調がそのままレースレベルに反映されてしまう底の浅さにJRAは危機感を持つべきではないか。

 

そんな中で行われる高松宮記念2017予想は、いまの段階では未知数で枠順確定を経て当日の情報を見てから総合的に決めようと思います。

 

エージェント集団である4keiba.comとの連携して良質な情報の確保に勤しむ毎日。なかでもパドック診断の精度は好評を得ており既存メディア以外の選択肢として利用してもらえると嬉しいですね。

 

 

弥生賞2017予想データ傾向

競馬予想

なんだかんだで大波乱まではない微妙な力関係で行われるレースが多い印象。フェブラリーSもそんな感じで意外と手堅い可能性がある。弥生賞2017予想はどうなるのか今から検証を試みておきたい。

 

過去のデータ傾向を見ていくと前走で重賞レースを1着で勝ってきた実績馬が好走することから手堅いレースになりがち。サトノアレスやブレスジャーニーといった有力馬は出走が微妙ということで他の出走予定馬から見てディープインパクト産駒のカデナが有力になりそう。あまりピンとこな牡馬戦線は混迷のまま皐月賞に突入するのかトライアルをしっかり見定めておきたい。

 

あまりポテンシャルの高さは感じないものの鞍上の支持にしっかり応えるメンタル面のまっすぐさを感じる馬で皐月賞トライアルの前哨戦では信頼できるタイプと考えたい。京都競馬場の内回り芝2000mで勝ってきたのも高感度アップ。ただ、ディープインパクト産駒の傾向から見て中山競馬場の適性としては京都コースよりも落ちると考えておくべきだろう。

 

2014年の中山競馬場の馬場改修から明らかに差しが決まるようになった。この馬場いじり1つで結果が変わる競馬の感度は経験を積んでおかないと対応することができない。これからもJRAはだまっていじってくるだろう。しっかりと土曜競馬で見極めて対応していく必要がある。天然ものでない人工芝のイメージに近い日本競馬ならではの特徴だと思う。

 

最近は内国産だけになってから飛びぬけて強い馬は見当たらない。そのときの馬場や枠順やレース展開で向いた馬が勝つ印象が強いだけに、どれが強いかというよりも恵まれそうな馬を見極める視点から考えるほうが実態に近いだろう。昨年の弥生賞マカヒキも2017年の初戦をあっさりと落とした。陣営の先を見すぎえた仕上げも影響したのだろう。

 

基本的には堅いレースになるが2017年の弥生賞は中波乱程度の馬券までなら期待できそうなイメージがある。あまり本番に直結するイメージが薄いだけに弥生賞だけで走る馬を見つけるのが馬券的中のポイントになりそうだ。ほかにもアーリントンカップ阪急杯の予想も楽しみに検討していきたい。

 

フェブラリーステークス予想はカフジテイクを中心に考えている。展開で着順が変わる構成なので適応範囲の広い馬券を構築することでうまく的中につなげていきたい。

 

中山記念2017予想に向けて

競馬予想

中山記念2017予想を検討してみて本命戦かなという印象でした。先を見て予習しておかないといろいろと大変なので分かる範囲でどんどん進めています。

 

最近の重賞レースもそうですが中山記念もリピーター傾向があり、2017年は昨年の2~3着馬アンビシャスとリアルスティールが参戦を予定している。この点から見てもヒモ荒れまでかなという印象を強めました。

 

中山競馬場の改修があった2014年以降はエアレーション効果もあってか差しも決まってきてますね。全体で見ても開幕集の逃げ切りは以前ほど目立たない印象でした。それでも4コーナーまでには先頭を見る形で進めていくのがベターなのは変わらない。

 

さて、先週のkeibasite.comでは京都記念3連単ツイッター上で的中。買い目が【3、4、6】と必要最低限の3頭だけでした。その組み合わせから厚めに入れるところを決めたものを情報提供をしてくれているクラウド会員たちに配信。ただ、当たったから良いものの、ちょっとリスクを取りすぎたと反省しています。

 

 

あまりにデータ分析に忠実になので柔軟性に欠けるところがあるんですよね。そこはカスタム領域なので利用者側で調整して欲しいというのはあります。

 

keibasite.comでは、競馬予想は【データ分析が8割】【買い目の決定が2割】という理論を提唱しています。こちらが高度なスキルと判断を必要とするデータ分析を担当するので利用者には負担の少ない買い目の決定に集中してもらうということでやってきました。

 

どちらも中途半端にやっていては結果を残せない時代になりつつあります。もう競馬予想ツール特需が終わったことで以前の穴馬が今では人気馬ですから、それぞれが強みに特化しないと結果はでない。

 

競馬予想がうまければなんて時代はインターネットができてツールが生まれてきた初期のお話。今では普及しているのでそんなカンタンにはいきません。馬券裁判で有名になった自動投票も今ではリスクの方が高い。

 

あれが成功したのは3連単が導入された初期から始めたのが良かった。みんなよ予想で買い目を決めるからオッズが歪んでいたことで競馬予想を必要とすることなく利益をだすことができた。

 

やっていたのはせいぜいファクターの絞込みくらいでしょう。今のオッズでやると、どのファクターで決着するのか正確に予想して調整しないと上手くはいかない。競馬予想を必要とする割合が増えるほど不確定要素が増すので今だと短期的な回収率は乱高下すると思う。

 

それでもプラス収支になると思いますが途中で破綻する可能性もあるのでマネしたくないでしょうね。そもそも競馬予想が上手くないと思われる人が考案した自動投票なので調整していくのは容易ではないはず。その彼がやっていた株の手法がギャンブルっぽいというのが裏付けにして得た結論ですけどね。

 

本当の競馬予想スキルがあれば、もっとテクニカルに動けたはずなんです。競馬予想を主軸とした場合は合理的でないと安定した利益は求めにくいですから。それに投資の考え方も必要になる。

 

私が意識しているのはバリュー投資の概念でオッズに対しての価値を常に考えています。そして、対象とするレースがほどよく荒れる可能性があるかも重要視する。ただ、当てることだけを考えても利益は伸びないですから。それだけ控除率が邪魔してるということでもあり意識せざるを得ない。

 

利用者にはデータ分析からの買い目をさらにカスタムすることで収益を伸ばせると説明してきました。なぜなら、回収率の上限を取れるかは買い方で決まるからなんです。パレートの法則を用いると2割の重要なことに集中することは合理的な考え方だと言えます。

 

その作業ラインを明確に決めることで今後は収益を伸ばしていきましょうという提案をしています。いまの競馬ファンは、どちらも中途半端にこなしているため十分な検討ができているとは言えない。そこに切り込むことで新たな可能性を切り開けると信じています。

 

フェブラリーステークス2017予想に向けて

競馬予想

2017年のフェブラリーステークス予想は、なかなかの混戦となりそうで例年よりも荒れる可能性も考えられる。

 

最優秀ダートホースの傾向から見るとフェブラリーSはあまり評価されないというのが悲しいところ。ジャパンカップダートチャンピオンズカップダートを勝った方が評価されやすいというのは今後のダート戦線に直結しないということが多いのだろう。その点から考えればフェブラリーSでこそ好走できる馬を狙っていくべきだと思う。

 

有力馬の実績も分散してダート界も戦国時代に突入した感がある。その中で何がハナ差ぬけだすのか。そんなイメージを持ちつつフェブラリーSを考察していく必要があるだろう。

 

フェブラリーS連覇のコパノリッキーに2016年の優勝馬モーニンなど東京競馬場のマイルダートに実績のある馬が集ったことで何を狙うべきかの判断はラクにはいかない。チャンピオンズカップからの直行組や前哨戦を使ってきた組どちらを重視すべきなのか。

 

ダートでもスローペースになることが珍しくないため展開や馬場・デキなどを総合的に判断していくとボックス馬券が無難かもしれません。今の競馬はスペシャリストの時代ですから東京競馬場を得意とする馬はすべて警戒する必要があるでしょう。

 

昨今の競馬は誰が見ても堅いレースは少ないように思います。荒れる要素があったとしても結果的に堅く収まっているというのが事実に近いのではないでしょうか。先週は1倍台の単勝馬がかなり飛んでたことから基礎能力で圧倒的な差がつくレースの出現率は高くないと判断できます。

 

2017年は追い込み馬が充実していることもあり逃げ先行馬がピリッとしない。あまりペースは上がらずダートマイルでの瞬発力勝負という珍しい展開も考慮しなければなりません。当日の馬場状態を含めないとなかな見えてこないレースですね。

 

最近はオッズが割れることが多く難易度の割に配当がしょっぱいこともあり判断に苦労します。一番安定するのは基礎能力だけで着差がつくレース。これで穴目があったら勝負かけたい所ですがカンタンにはでてこない。じっと待つこともプラス収支を目指すなら必要でしょう。

 

2014年ぐらいペースが緩めば追い込み馬は不利になる。まあ高配当の決め打ちで先行馬中心で網を張るのも面白そう。混戦だからこそできる馬券の買い方もあるので色々と検討して馬券の買い目を決めていきたい。

 

京都記念2017予想は堅い?

競馬予想

京都記念マカヒキが戻ってくる。国内では日本ダービー以来ということで久々に走る姿を見ることができる。実績ではサトノダイヤモンドに逆転されたものの、対戦成績で言えばサトノダイヤモンドに先着を許していない。

 

ここは8分のデキだったとしても勝ちの内容にこだわりたいところ。最近は叩きだからとと言ってカンタンに負けてくれるG1馬が多い。どんなにG1を勝っても、その後の印象は良くなく評価を上げたくなくなってしまう。いくつもG1レースを勝ったジェンティルドンナが人気にならないのもアッサリ負けるイメージがあったからだろう。

 

心身ともにタフで骨太なタイプが少なくなってきた今だからこそマカヒキの国内戦は勝ちにこだわって欲しい。フランスの凱旋門賞は残念な結果になったが環境がまったく違うようなので仕方ない面もある。あまりにも見所がなかったところを考慮すると適性の前にメンタル的な問題が発露しやすいタイプなのだろう。

 

予想オッズ1番人気はマカヒキが断然の人気を集めるだろう。どれぐらい被るか分からないが1.2倍だとしても不思議ない。ここでは負ける姿よりも勝つ姿を想定した馬券を組み立てることになるだろう。能力的に凡走は事故であり逆らうよりも勝ち方に注目すべき馬だからだ。2017年の初戦はしっかりと勝利を決めて欲しい。

 

ほかにもサトノノブレスタッチングスピーチなど京都競馬場を得意とするディープインパクト産駒が出走を予定している。色々とデータ傾向を調べつつ好走馬を特定していきたい。

 

 京都記念2017予想オッズ分析とデータ傾向

東京新聞杯2017予想

競馬予想

2017年の東京新聞杯をデータ分析したとことスローペースになる公算が強いことが明らかになった。なぜか良馬場ではスローペースになりやすい近年の傾向がある。

 

2017年は10頭と出走数も少ないことでより顕著にスローペースになる可能性をが高い。強力な逃げ馬がいないこともあり基本先行有利と考えておくべきだろう。それでも先週の東京競馬場の芝馬場を見ると追い込みもそれなりに決まることがあり、なかなか馬場判断が難しい。

 

血統で言えばディープインパクト産駒の活躍は顕著で馬券には入れておいて損はしない。また、ミスタープロスペクター系の好走も目立っており、このあたりまで視野にいれると半数の5頭が該当するため狙いが絞れてこない。

 

東京新聞杯は荒れる傾向が強いことから騎手の立ち回り1つで波乱が起こるレース。3年連続で1~2番人気が連対を外していることから連系馬券で高配当を決め打つことも考えておきたい。単勝10~20倍台を中心に2ケタ人気まで手広く流すような馬券が理想だろう。

 

とにかく馬場に左右されるのが競馬トレンドであり穴がでる時も展開的なものがほとんど。スローペースの競馬ではハイペースの5馬身差が0.1秒差にまで縮む難しさがある。

 

投資競馬を成功させるのは何より着差がつくレースを選ぶことであり、最近のスローペース化はJRAが投資層を排除したいのではないかと勘繰りたくなるほど異常である。

 

ハイペースでは着差をつけるのが能力指標となるが、スローペースでは離れた差を縮めることが能力指標となる。この相反する性質がごちゃ混ぜになっているJRAレースを今までの競馬予想だけでカバーできるかと言えばノーだろう。

 

どんなに過去データを洗い出したところで中央競馬では不確実性の高いレース番組が組まれていることを忘れてはならない。たとえば東京競馬場にダート1300mなんて距離があるが、この距離は本当に必要だろうか?いったい何のために中途半端な距離が用意されているのか?

 

その答えはデータ蓄積を防ぐためである。そのために20にも及ぶ距離体系を設けている。そこに10の競馬場があって定期的に開催が変わっていく。つまり、強い馬を認識しづらい仕組みをJRAは意図的に構築しているわけである。

 

そのため分かりやすい強い馬は過剰人気しやすい。そして、ほかの微妙な馬たちは能力が分かりづらいので、その本命馬から流し買いするのだが、これでは勝てない。それは誰もが買う馬券であり回収率の利ザヤを稼げないからだ。

 

つまり、当てようと馬券を買えば回収率が落ち、儲けようと買い目を少なくすると的中率が下がるロジックが顕著に働きやすいのがJRAシステムと言えるだろう。

 

このJRAシステムでは穴馬券の配当上限が高いため最終的にはそこを狙える馬券術を構築するのが究極的な目標になる。コツコツ勝つというのは仕組み的にデメリットの方が大きい。ただ、プラスを目指すだけならデータ蓄積が早い地方競馬の方が向いているだろう。

 

東京新聞杯2017予想