読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都金杯2017予想に向けて

京都金杯2017予想に向けての取り組みをしつつ、2016年のデータをおさらいしています。

 

いやー、中央競馬は奥が深すぎて底が見えないですが、今なにを重視すべきか把握できるようになりました。20年前のハイペース競馬の方がシンプルで簡単だったのにねえ。

 

最近は同着も珍しくないように、ここまでスローペース化が進むと能力の序列をどうだすかがカギになります。詳細は企業秘密ですが正しいかどうかはツイッターでの買い目を見れば分かるでしょう。

 

控除率25%の競馬で9年間の公開予想を通してプラスを実証してきましたが、いよいよ収益化を加速させるための手順に移行することができます。

 

そもそも何が正しくて何が間違っているのかさえ把握できない人がほとんどな内は年間で見てマイナスになる可能性はほぼないと考えています。

 

正攻法なデータ分析なので時間が足りないのが今後の課題ですね。早く人手を増やしてJRA-VANのシェアを奪いたい。そのためにも効率よくJRA銀行から多額のお金を払い戻せるように頑張らねば。

 

競馬ってリスクの塊なのに安定志向な人が多いからオッズが偏り穴が開きやすい。ネット初期に起きた株バブルでも株価でなく初心者の動きを見るだけで儲かったんだとか。

 

どこに穴が開くかは人を見れば分かるというのは、どこの業界でも通用する考え方のようです。

 

今では競馬予想を補助するツールが揃っているため予想力が決定的な戦力の差にならない。どこで何をプラスアルファするのかという考えが必要な時代と言えますね。

 

昔よりハイレベルな戦略が求められる時代になったことで競馬の面白さをより理解できるようになりました。自分にできないことでも誰かの力を得ればプラスアルファできる環境がある時代ですから積極的に動いていくしかありません。

 

 

 

菊花賞2016予想展望

菊花賞2016の枠順はサトノダイヤモンドが2枠3番、ディーマジェスティは3枠6番という立ち位置という無難な枠に入った。オッズ2強で馬券的な波乱の目は薄いか。

 

どちらかが外枠にでも入ってれば妙味も考えられたが本命党によるぶちコミで馬連が人気してもおかしくない。サトノダイヤモンドディーマジェスティがお互いを意識しすぎて位置取りが下がると前のこりもあるが、そんな下手な騎乗は見たくないという想いがある。

 

今年も加速ラップ戦だろうし後方一気は買いづらいレース。後ろでチンタラ乗る意欲のない騎手は買いたくない。このレースの穴は位置取りで変わってくると見ている。

菊花賞でスタミナが問われない理由

ステイヤーレース軽視の流れになってから久しいが京都競馬場の高速化が進んだことで単純なステイヤーは生き残れない流れになっている。どちらかと言えばスタミナよりも折り合いを競っていると言っていいだろう。そして後半の瞬発力勝負まで維持していけるかが重要なのであって胴長の予想家ナツの言うステイヤー体形かどうかなんて話はどうでもいい話になっている。

 

昔はステイヤー血統のリアルシャダイが入っているかが重要視されたが、今となってはサンデーサイレンス系に駆逐されて残っていないため似たような血統が増殖し続けている。一応その中でも序列がつくがハッキリした傾向は昔よりも掴みづらくなっているのが実情で馬券の狙いはつけづらい時代かも知れない。その点では血統予想家の出る幕は確実に少なくなってきている。

 

昨年の菊花賞でも折り合いを欠く馬がいたが長丁場を体力温存しながら我慢して走るというのは競走馬にとって精神的な負担になるケースがある。こうなると折り合いはついていたのに伸びないということがあるため、どういった馬に適性があるかは簡単に見分けることはできない。気持ちよく走りながらも折り合いはついている状態が最善であること間違いはないが、こういった馬は得てして末脚がジリだったりすることがある。

 

こういった折り合いに関する絶妙なバランスが菊花賞を含むステイヤーレースの難しさに繋がっている。3歳戦なので基礎能力で圧倒していればカバーできるが、そうでないケースでは人気馬が沈むことも珍しくない。とはいえ、最近は奇想天外な好配当馬券はでていないため、あまり無謀な狙いは控えた方が良さそうだ。

 

2016年はディープインパクト産駒の2強がオッズを分け合っておりサトノダイヤモンドが勝てば見事3強形成ということになる。皐月賞ディーマジェスティも互角の強さを持っているが今回は輸送を挟むこともあり未知な要素がある。今回は関西馬サトノダイヤモンドの方が少し優位と考えている。この馬が勝てばディープインパクト産駒の初勝利だけでなくオーナー待望のクラシック勝利ということで注目が集まるレースでもある。

 

keibasite.comでは8年プラスの買い目を直前に公開するので競馬で勝ちたい方はチャレンジしてみて下さい。独自の情報と競馬理論から分析された情報は既存メディアとは一線を画すことを実感できると思います。

 

www.keibasite.com

秋華賞はグレイソヴリンが活躍

よーく血統を見ていくとグレイソヴリン系統が好走していることに気づく。ただ、この系列だけ見るには遠すぎるかな。そこまでいくとただの共通点を探しているだけで説得力が生まれない。日本で流行したトニービンあたりまでなら分からなくもないんだけど。牝系で見ると5~6頭いるので結局確率の問題になりそう。

 

今年の秋華賞は大本命馬が抜けたことで荒れても不思議ない情勢になっている。人気馬でも死角があったり体調があやしいなど低レベルな争いになるようなら大波乱があっておかしくない。かなり微妙な均衡で成り立っているのでレースが終わってからしか語れないような結末になりそうな予感。

 

最近は見過ごされた実力馬が穴をあける感じではなく、その時の展開や位置取りなどの条件も揃ってないと好走できていない。基本的には手広く買うべきレースと考えておいた方が良さそう。

わがままぼっちゃん

2016年の後期G1レースの始まりとなったスプリンターズSは1番人気ビッグアーサーによる壮絶なやらかしがあり波乱の開幕となった。

 

普通に2~3番手で出せばいいだけなのに馬場傾向も無視してやたら下げる。その言い訳は、ふてくされたように調教師に言われたからであった。G1未勝利の騎手なら少しは理解できるが何勝もしているベテランが自分の意見もなく指示に従う幼稚だなと思う。1番人気の責任感がまったく見えない。

 

それに比べ勝ったデムーロは、その日とにかくスタートからだしていく傾向が強かった。ミスをしつつもどの程度まで積極的に乗っていいのかを見極めメインレースまでに調整してくる騎手との対比でより福永の無策ぶりが目立ってしまった。

 

JRAトップジョッキーがここまで勝負勘がないのだと再度実感させられた。JRAという守られた業界の温室そだちに過剰な期待はするべきではない。勝ちたいという欲求やハングリーさは環境による影響が大きいのだと悟った。

 

スプリンターズS2016はじまる

今年は雨の降り方がトリッキーで、しかも週末に結構ふるんだよね。色々と考えることが多くなってやりにくいけど前向きに考えれば良い経験になるかな。

 

最近つまらない短距離路線だが今年のメンバーも微妙だなと感じさせるもの。順調な過程を踏んできたビッグアーサーのアドバンテージは評価しつつも頭鉄板かと言えばそうは感じない。

 

じゃ相手に何がいるかと言えば、これもまた微妙なのが困る。絶対観はないのに他もだらしないから1倍台の人気になっている感じ。全体的にこういうレースが増えてきた感じ。

 

なので上手くやれば絞って資金を集中させることもできるので馬券的な面白味はある。頭は3歳馬で決め打ちするのもアリだと思う。

 

最近エージェントの協力もあってパドック理論が進化してきた。たとえば、馬の気性と脚質を絡めた信頼度のだし方など着実に成果をだしている。

 

季節の変わり目ということでパドック診断からの穴馬的中が増えている。無料登録でリアルタイム診断が見られるので興味がある方は参考にして欲しい。

http://search.keibasite.com/

夏も終わり収穫はたくさん

リスクを取って変革をかかげてきた今年はここにきてシステムが上手く機能し始めてきた。

もちろん計画的にやっているので当然と言えば当然なのだがいつも例外エラーはつきものだったから若干拍子抜けでもある。

 

今までの常識がくつがえるのはワクワクすることであると同時に無駄に過ごしてきたのではと考えてしまう。これから思惑通りにいくのか予断は許さないのだがいつかでっかい配当を公然にぶちあげたい。

 

新しく生まれてきた理論を武器にビンビンとくる情報をお届けしていきたい。