読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UPRO馬券裁判の競馬必勝法

3連単の導入初期は、昔からの競馬ファンほど素直に予想していたせいでオッズに偏りができていた。競馬新聞をもとに予想するとみんな遠からずな結論に落ち着くから不当に買われない目がでてきたわけだ。

 

そこをチョチョイのチョイとオッズを計算する人がでてきたことで、ほとんど予想をはさまずに理想的な競馬必勝法が出来上がったのだろう。

 

URPOはマネーロンダリング説があって詳細は不明だが、香港を拠点とした大規模な馬券プロ集団がいるようなので、その線なら利益がでていた可能性は高い。

 

これは予想をはさむ余地が少ないという点で必勝法として自動投票にする点においても理想的である。オッズがシビアになるほど予想精度を上げることで期待値を上げなくてはならないのだから大変めんどくさいことになる。

 

馬券の税金逃れで裁判になった人がアッサリ株でやられたのもソフトウェアではなく本来の馬券感覚で買いこんだせいではないだろうか。つまり、あまり予想能力はなく、優れた計算能力に頼りきりだったことを裏付けているように思える。

 

いまのようにファンがこなれてオッズにスキがなくなると、もう分かりやすい期待値の高いオッズ探しだけでプラスにするのはカンタンじゃない。次なる手を打つ必要がある。

 

もうデジタル手法はやりつくした感があるだけに見直すならアナログ手法しかない。たとえば馬体や血統を期待値に変えることができたらどうだろうか。

 

競馬を知らない人にはピンとこないかも知れないが、血統や馬体のトレンドというのは確かに存在しており重要なファクターとして私は考えている。

 

このあたりは、これからも理論として確立されようがないし研究も難しいからほとんど手を付けられることはないだろう。モノにできたら相当な武器になるのは間違いない。

 

ここ数年で1から研究してきたが最近ようやく結果としてリンクするようになってきた。そろそろポポンと成果をだせるように頑張っていきたい。

 

文:http://www.keibasite.com/