読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがままぼっちゃん

2016年の後期G1レースの始まりとなったスプリンターズSは1番人気ビッグアーサーによる壮絶なやらかしがあり波乱の開幕となった。

 

普通に2~3番手で出せばいいだけなのに馬場傾向も無視してやたら下げる。その言い訳は、ふてくされたように調教師に言われたからであった。G1未勝利の騎手なら少しは理解できるが何勝もしているベテランが自分の意見もなく指示に従う幼稚だなと思う。1番人気の責任感がまったく見えない。

 

それに比べ勝ったデムーロは、その日とにかくスタートからだしていく傾向が強かった。ミスをしつつもどの程度まで積極的に乗っていいのかを見極めメインレースまでに調整してくる騎手との対比でより福永の無策ぶりが目立ってしまった。

 

JRAトップジョッキーがここまで勝負勘がないのだと再度実感させられた。JRAという守られた業界の温室そだちに過剰な期待はするべきではない。勝ちたいという欲求やハングリーさは環境による影響が大きいのだと悟った。