読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東海ステークス2017予想にむけて

日曜の京都と中京競馬の開催が順延となった。大寒波による雪の影響によるものだが関東は平然と開催していた対比が個人的には面白かった。天気予報を見ると晴れるようなので開催できそうな見込み。今週末に行われる東海Sも晴れ予報となっているので雪の影響は長引くことはなさそうだ。

 

冬場のダートは水分が抜けてパサつきやすいせいか時計を要する傾向にある。このダートが合う合わないといった適性が結構あるせいかゴール前に急坂が用意されている中山競馬場のダート1800mでは単勝万馬券の馬がよく馬券に絡んでくることがある。先週土日6レース2回も絡んでいるだけにここを狙って獲れれば100万馬券は自然と近づいてくる。

 

共通パターンを見ていくと追い込みから逃げ先行に転じた時に馬券になっていることがわかった。つまり馬券的には一番狙いづらい急変パターンなので相応のオッズになっているわけだ。どちらも外めの枠という点も見逃せない。こういった馬は反応が悪いタイプなので外枠からスムーズにだしていけるのがいいのだろう。

 

さらに斤量で見ていくと片方が減量騎手で3kg減なのに対し、もう片方は減量騎手からの乗り替わりで3kg増という相反するパターンで馬券になっている点が興味深い。とにかく細かい条件うんぬんより前にいけることが重要ということなのか。

 

こういった仮説からいろいろと考えて1つの手法としてまとめて結果をだす。この一連の作業が個人的に面白いだけで配当への固執はない。ただ、ひたすらメソッドに合っているレースなら配信するだけである。

 

なぜなにの探求をやりだすとまったく時間が足らないので効果的な部分に目を向けるのが効率を改善する1つの策になるが、もっと気ままにディープな分析に集中したいという想いもある。ただ、プラスにするだけなら必要ないのかも知れないが狙った3頭の1点買いで3連単100万馬券を当ててやればできるんだという所を証明したい。