読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇賞春2017予想を検討しよう

2017年の天皇賞春は2強の予想オッズとなっていまして、これは本番でも近いオッズを示すのではないかと考えております。ただ、京都競馬場は馬場によるバイアスが強い傾向がありまして、その点を踏まえると外枠に行くほど信頼性は下がるのかなと考えているとことです。

 

これは騎手のアプローチも絡んでくるため一概には言えないものの内目の枠に入ってくれた方が本命馬券を買いやすいのは確かではないでしょうか。サトノダイヤモンドキタサンブラック、どちらも今の日本競馬を代表する素晴らしい馬ですので能力を発揮できることを期待しています。

 

一番つまらないのは馬場に影響されてどちらも勝てないというシーンではないでしょうか。とにかく今の競馬はスローペースなので余計に馬場バイアスの影響を受けてしまうという背景があります。あまりドラマティックな展開を期待せずに淡々と分析するしかないのですがG1レースぐらいは楽しみかったりします。

 

ようやく導入にこぎつけたベノム診断の手応えは感じていますがメンテナンスはずっとしていくことになります。時代によって求められてくる適性が変わってくるから対応しなくてはなりません。とにかく適性を明らかにする作業は時間がかかるのがネックですね。

 

これを武器に狙ったレースで回収率を作る買い目に絞り込めるよう精度を高めていきたいと思います。なんにせよ競馬って奥が深すぎて底が見えてきません。だからこそ色々なアプローチを試すのが面白くもありますが圧倒的に時間が足りないのが現状です。

 

よりよい手法に改善しつつビッグな配当をオープンで自慢したい。いきなり100万馬券とはいかないまでも何かサプライズが起こせるように頑張ります。